屋根を一面緑に!屋上緑化で得られるメリットとは?

建物が傷むのを防いでくれる

最近、ビルの屋上などに緑が敷き詰められているのを見たことはありませんか。実は、それこそが屋上緑化なのです。地球に優しい取り組みの一環なのですが、得られるメリットは、それだけではないのです。実は、建物が傷むのを防いでくれる機能を持っているのです。建物は風や雨などに曝されることによって段々と風化していくのですが、緑がクッションとなって外部の刺激を防いでくれますので、建物の傷む速度が、通常よりも遅くなるのです。

日差しを防いでくれる

屋上緑化のメリットの一つとして、真夏の強い日差しを防いでくてるということが挙げられます。マンションなどで最上階の部屋が異常に暑いのは、屋上の熱がそのまま部屋に侵入してくるからです。しかし、屋上緑化が進められている建物は、緑が日差しを遮ってくれますので、それほど暑くなりません。そうしますと、無駄にクーラーをかけることもなくなりますので電気代が浮きますし、そのまま地球へのエコ活動へと還元されていくのです。

酸素を増やしてくれる

緑は二酸化炭素を吸い、人間に有益な酸素を吐き出してくれます。都会などでは二酸化炭素が増え続けていますので、綺麗な空気が少なくなり、同時に二酸化炭素による温暖化が進んでいます。それにストップをかけるのが、屋上緑化なのです。植物が増えることによって、光合成をする機会が増えますので、不要な二酸化炭素をどんどん吸って、綺麗な酸素を吐きだし続けてくれるのです。見た目だけでなく、空気も美しくしてくれるのですね。

屋上緑化は建物の屋上に植物を植え付ける行為ですが、大量の土を敷いたうえで水やりを行う必要があります。そのため、建物の補強や給水設備の設置を適切に行うことが安全に緑化を進めるための心得です。

標準